適当に歩いたりしたら日記


by atumomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 ということで犬鳴山バス停からJR山中渓駅へ向かうことに。
e0270645_1353586.jpg

 バス停から右の道をしばらく降り、更に右の分かれ道から坂を登る。つか、このちっちゃな道しるべに気付かずしばらく行って戻ってくる始末。危うく、また粉河に降りるところだった。まぁ、それはそれでいいんだけども。
e0270645_135614100.jpg

 まずは城ガ峰ってトコを目指す。
e0270645_1357120.jpg

 この道を登る途中、女の人たちの声がする。こんな誰もこないような道を行く、自分のような人間が。しかも女性。ちと驚き。
 で、向こうもこんな所に人が来るとは思ってなかったようで、後ろから挨拶したらたいそう驚いていた。2人組で木の枝を杖代わりにして歩いていた。
 そして軽く追い抜いて更に先を行くと……。
e0270645_1403383.jpg

 なんだ、これ。
 えっ? これが道? いやまぁ、確かに道らしきものはあるし、とりあえずもうちょっと行くか。

 …………。
e0270645_14293.jpg

 ええっ? こっちも大雨でこんなことになってるの?
 ここまで来たらしょうがないのでとにかく先へ行く。こりゃ、さっきのおばちゃんたちは引き返すよなぁ。

 その後。写真を撮る余裕もなく、あちこちの木につかまりながら這うようにして上を目指し、ようやく登り詰める。
e0270645_1454216.jpg

e0270645_1451350.jpg

 そして目の前の道がこれ。
e0270645_1455178.jpg

 印刷したコースマップを見ると登りより降りの方が急なんだよなぁ。しかし来た道を戻るのも大変そうなんでとにかく、先を行くことにする。
 なんしか坂が急なんで登り同様、木につかまりながら下に降りる。
 途中、左手にネットを貼っている。こっちは私有地だから入るなってことなんだろうな。しかし、こんな道を普通に行き来するってどんな奴らだ。
e0270645_14943100.jpg

e0270645_1412018.jpg

 ん~、木が腐って倒れてるのか? ちなみにこういう箇所はあちこちあった。
e0270645_14125921.jpg

 左手を見ると、景色はいいんだよなぁ。木が邪魔しなければ。
e0270645_141345.jpg

 うわぁ…。ネットの代わりにビニールロープか。こりゃさっきみたいにつかまって訳にはいかんわな。とりあえず木の下を潜って先へ。
e0270645_14153643.jpg

 看板があるので道はあっているようだ。この辺になるとぶつぶつ愚痴をいいながら歩いている。
 とりあえずもう、ここには2度と来ることはないだろう。
e0270645_1417112.jpg

 あぁ! もう、道ってどこ!?
e0270645_14174116.jpg

 道はどこ?
e0270645_14182062.jpg

 また坂? と思ったら。
e0270645_1420619.jpg

 この風景。
e0270645_1421996.jpg

 いや~、やっと景色がまともに見れるわ。やっぱ紅葉にはまだ早いが。
e0270645_1422342.jpg

e0270645_14225340.jpg

 ……足元はこんなだけどな。
e0270645_14232838.jpg

 てか、崖? これ。落ちたら、ヤバいよね? マジ。
e0270645_14234614.jpg

 しかしこの辺りから人の声がする。ここにたどり着くまでにも「松茸取るな」って看板があちこちにあったんでこの山の持ち主なんだろうな。よくこんなとこ普通に昇り降りできるな。
 そうしてこの地点から5分ほどしてやっと看板が。そしてここは三叉路。堀河ダムは左でいいん、だよな?
e0270645_14274743.jpg

 とか思ってると向かって左側の道から鎌を持ったおっちゃんが登ってくるので道を聞く。
 やっぱ堀河ダムは左でいいようだ。つぅか、コースガイドにはそんなこと何にも書いてない。
 ということで左の道へ。ここからは大したこともなくようやっと降り切る。
 振り返って1枚。いや~、ここは暢気でいいわ。
e0270645_1430418.jpg

 後はなだらかな道をまっすぐ行く。
e0270645_1432036.jpg

e0270645_14324776.jpg

e0270645_1433678.jpg

 しばらく行くと何やら建物が。
e0270645_1434136.jpg

 うむ。山中渓への終盤に差しかかったかな。
e0270645_14352737.jpg

 そして湖? が見える。向こうにダムが。
e0270645_14354935.jpg

e0270645_1443421.jpg

 近づいて1枚。
e0270645_14371844.jpg

 ダムを通り抜けてしばし行くと久しぶりに看板が。
e0270645_1438093.jpg

 ここから童子畑バス停へ向かう。うわ、狭い道。ガンガン、トラック通ってるし。
e0270645_14385149.jpg

 そしてバス停を通り抜けて脇道へ。この先を行くと寺があるらしいんだが。
e0270645_1440613.jpg

 その後、寺は見つからず。道を行けるトコまで行っては見たんだが……。
 この看板はなんだ。
e0270645_14454854.jpg

 まさかこれ、道?
e0270645_150256.jpg

 そこからあちらこちらへ道をさがしたのだが、それらしいものは見つからず。しょうがないのでお寺がありそうなところまで戻り、寺の近くにいたじぃさんに話を聞くと……。
「道らしき道はない。この時間からなら止めた方がいい」
 そうな。
 確かにもう3時。予定ではもうそろそろ山中渓駅についてる頃だし、あちこち見て周っても道らしきものはないしで、今回はここでギブアップ。
 しょうがないのでトボトボトと元の広い舗装路に戻る。
e0270645_14485064.jpg

e0270645_14495399.jpg

 ふぅ。とりあえず和泉砂川駅が最寄駅らしい。畑にいるじぃさんに道を尋ね、信号が赤なんで振り返って1枚。
e0270645_14513165.jpg

 そこからはなだらかな降り道を行き、16時過ぎに無事、和泉砂川駅に到着。後は電車に乗って最寄駅まで行って自宅に。
 いや~、しかし今回はキツかった。やっぱ初心者は整備されてる道を行くべきだよな。
 ただ、予定しているコースではこの山中渓から加太へ行くルートが後半なんで、山中渓駅から今回のルートを山を越えるまで逆に行けないかな? とは思ってる。
 んま、その後半は次いつになるかは決めてないが。
 ということで、今回のGPSログ
 面倒なんで前回のようなサムネイルはなし。
[PR]
# by atumomo | 2013-11-02 21:10 | 山歩き
 今回は3連休なんで久々に歩こうかと決める。
 当初はまだ行ってない槙尾山に行こうかと思ってたんだが、今年2月に和泉葛城山~犬鳴山まで歩いたんでその続きがあるかと調べたら和歌山県のホームページにそれっぽいのがあったんで今度は犬鳴山からJR山中渓駅まで行くことにした。
 ちなみにこういうの。
 NO5 紀泉ふれあい自然塾のみち(PDF)
 後、こういうのもあった。
 近畿自然歩道を歩こう! 紀泉ふれあい自然塾のみち
 ということで所要時間を10時間ちょいと見て15時ごろに目的地に着くことを考え、5時過ぎくらいに家を出発。まずは牛滝ルートを通って和泉葛城山へ。
 いつもの高架。
e0270645_1363070.jpg

 いつもの山。
e0270645_1565480.jpg

 いよやかの郷。この時点で7時半辺り。
e0270645_1382088.jpg

 そして山道に入る。
e0270645_1310436.jpg

e0270645_13105043.jpg

 キツそう。
e0270645_13121989.jpg

e0270645_1313252.jpg

 この前の大雨で道が抉れてる。
e0270645_13133618.jpg

e0270645_13134950.jpg

 ん~、登ってるなあ。
e0270645_13142425.jpg

 ちなみにこの途中、先を行くおっちゃんと遭遇。バスはまだ来てない時間なんだが、どうやってここまで来たんだろ。
 二十一丁地蔵を抜けて後は舗装路。
e0270645_13162826.jpg

 懐かしのOUTRUNみてぇ。
e0270645_13173919.jpg

 上の方、着。展望台を抜けてたかおがみ神社へ向かう。
e0270645_13191511.jpg

 木造なんで穴空いてる。
e0270645_1319216.jpg

 こっちは塞いで? る。
e0270645_1320535.jpg

 いつかの大晦日にも通ったよなぁ。
e0270645_13205710.jpg

 これ落ちるよ。
e0270645_13204427.jpg

 そしていつもの鳥居。
e0270645_13211172.jpg

 上の方の鳥居。
e0270645_132225100.jpg

 反対側に降りる。
e0270645_13231973.jpg

 概略地図。あそこら辺まで行くのか。
e0270645_1325151.jpg

 そこからはハイランドパーク粉河へと向かい、犬鳴山に降りる道に入る。この時点で9時半前。
e0270645_13291545.jpg

 こういう感じの道を歩く。
e0270645_1329484.jpg

 これを降りるの?矢印あるだけ親切だが。
e0270645_13295613.jpg

 紅葉にはまだ早いなぁ。
e0270645_1331528.jpg

 こっちも道が抉れてる。ここを通って下から撮ってみたが、補修ってされるのかな?
e0270645_13325528.jpg

 そしてもう1回、矢印の方へ。
e0270645_13342996.jpg

 ふぅ。何とか降りた。こういう降りだと走れないしなぁ。
e0270645_13345979.jpg

 なだらかな降りが続く。
e0270645_13354835.jpg

 一部、ちょっと赤くなり始めてる。
e0270645_13363849.jpg

 何か、別のルートがあるみたい。降りてくる時にはそれっぽい道はなかったんだが。
e0270645_13393064.jpg

 七宝瀧寺着。ここからハイランドパーク粉河へ向かう人たちと結構出会う。山ガール3人組もいたな。あれってホントにいたんだ。無論、寺だけにじぃさん、ばぁさんも多いが。
 不動尊。
e0270645_13413731.jpg

e0270645_1341980.jpg

 寺の由来。
e0270645_13422753.jpg

 正面門。前に来た時は普通に通り過ぎたので。
e0270645_1343196.jpg

 滝。テスト的にちょっと動画を撮ってみた。
e0270645_13434590.jpg

 http://youtu.be/qLyVXCkb0sg

 そして犬鳴山バス停に到着。これでようやっと今回のスタート地点に立った。
e0270645_13483625.jpg

 ということで後半に続く。
[PR]
# by atumomo | 2013-11-02 21:00 | 山歩き
 今回は去年に引き続き村岡ダブルフルウルトラマラソンの44kmコースに参加。
 理由は、去年は雨降っててろくに景色も見れなかったんで再度挑戦。
 ただ現時点(10/26)では記憶にほとんどないので今年はやっつけで写真を貼り付けておく。この辺は写真が文章の代わりになるので楽ではあるが両立は今後の課題か。
 てことで始まり。
e0270645_14154344.jpg

 今年は初めから車で送ってもらって受付会場着。去年は役場かと思ってたが体育館だったらしい。
e0270645_1416107.jpg

 宿に到着。逸本さんによると来年営業してるかどうかは未定とのこと。やはり食ってくのは難しいのか。
e0270645_14162941.jpg

 今年の参加賞のTシャツ。去年と赤緑が逆だったりする。
e0270645_14173674.jpg

 当日。スタート地点の小学校。
e0270645_14192443.jpg

 よく晴れてる。今年は暑さで大変そうだぁ。
e0270645_14201050.jpg

 スタート直前。ちなみに今年はツイッターでも途中経過つぶやいたり写真アップしたりしてた。おかげで途中で通常の携帯は電池切れしたけど。
e0270645_14214018.jpg

 去年と同様、スタートからちょっとは走る。
e0270645_14215510.jpg

 坂道を振り返り。ちなみに青い帽子の人は角田(つのだ)さん。30kmくらいまで一緒に歩いていた。残り10kmでとっても軽快なペースで走っていったしまわれたが。
e0270645_14245100.jpg

 山。
e0270645_1425191.jpg

 滝。
e0270645_14252443.jpg

 ヒィヒィ言いながら山道を登り、(自分にしては)かなりのペースで走って降りる。おかげでその途中、両方のふくらはぎが攣りそうになる。以後はかなり慎重に歩くことに。やっぱ行きの車の中からビール飲み始め、夜10時くらいまで飲んでたせいか。
 そしてようやく休憩所。
e0270645_14291612.jpg

 休憩所でそうめん食ったり果物食ったりして元気を取り戻し……。キツいわ、この坂。
e0270645_14303912.jpg

 塔が見える。
e0270645_14315140.jpg

 正面の門。
e0270645_14314743.jpg

 本堂。左は塔。
e0270645_14322639.jpg

 但馬大仏。デカい。ちなみにここではおはぎが振舞われていたので角田さんともどもじっくり椅子に座って食う。去年は素通りしたのにエラい違いだ。やっぱ2回目で勝手がわかってるからか。
e0270645_14363036.jpg

 但馬大仏から1時間半ほど歩いたところ。向こうは海っぽい?ちなみにこの時点では歩くだけで結構ふくらはぎが辛かった。そして暑い。
e0270645_14373138.jpg

 40分ほど歩いて下り。やや小走りのまま撮ってみる。
e0270645_1438867.jpg

 坂を降りきって残り10kmくらいまでは平地を行く。
e0270645_14385414.jpg

 あそこら辺から降りてきた。
e0270645_14392691.jpg

 薄暗くなってきた。もうじき休憩所で、後は(主に精神的に)キツい坂。
 で、最後の上り坂はキツかった。坂道を登り始めた辺りで今度は両膝の内側が攣りかけたんでゆっくり歩くんだが、そうするとまたふくらはぎもピクピクきだしてもう大変。
 途中で地面に座り込んで苦しんでる人もいるし。とりあえず休憩所でアレコレ食っても去年より時間に余裕があるんでとにかくゴール最優先でじっくり歩く。
 そんで、最後の休憩所でもバクバク食ってゆっくり慎重に坂道を下る。相変わらず足はあちこちピクピクしてるし。
e0270645_144484.jpg

 ようやくなだらかな道に。足にも気分にも余裕が出てきたんで写真を撮ってみる。ちなみに自分以外はみんな走ってます。
e0270645_1446358.jpg

 沿道で応援してくれてる人たちをパチリ。みんな朝からご苦労さまです。
e0270645_14461776.jpg

 そんでようやくゴール。結局、去年より10分ほど速かった? とか思ってたが去年の記事を見ると15分ほど遅いね。まぁ、走りきっただけよしとする。今年は全休憩所で何かしら食ったし。

e0270645_14581677.jpg

 そんな訳でいつものGPSログ
 今回はちょっとスクリーンショットを貼ってみた。
[PR]
# by atumomo | 2013-09-29 22:00 | ウォーキング
 続き。
 六本杉から丹生都比売神社へと向かう道を降りきり、なだらかな道を神社へと向かう。
 途中、行き過ぎたのか神社の太鼓橋が横目に。う~ん、赤がまぶしい。
e0270645_16453086.jpg

 そして入り口に。
e0270645_16432051.jpg

e0270645_16431077.jpg

 太鼓橋。
e0270645_1646166.jpg

 太鼓橋の上から。
e0270645_1644510.jpg

 更に中に入る。
e0270645_16463743.jpg

e0270645_16465071.jpg

 せっかくなんで拝んで行く。で、ひととおり境内を回ってトイレを探しているところで携帯が鳴る。
 ……客先からである。どうも調査は終わったが異常はないらしい。とりあえず夕方までに何とかそっちに行きますんですみません。といって電話を切り、元のルートへの合流地点である二ツ鳥居へと向かう。
 さっきは降ったんだから当然今度は登り。八町坂という割かし急な坂を登って二ツ鳥居へ。
e0270645_16511532.jpg

 近くに地図がある。
e0270645_17255652.jpg

 ここから先は笠木峠を越えて矢立ってところまでまぁ、なだらか感じの道が続く。途中、ゴルフ場があってもろにコースの中だったりしたな。そういや。
 そして、ようやく矢立へ。
e0270645_171409.jpg

e0270645_1723690.jpg

もうこの時点で2リットル用意した水が無くなるところでだったんで慌てて自販機でお茶やら水やらを買い足し、しばし休憩。
 そして、パンフレットでは残り5.8km/2時間の道を行く。
 ……いきなりこれはヒドい登り坂だなぁ、と思いつつ。
 で、ふと気付いてGPS計測中のF-11Dを見ると、何故だかGPSが切れてる。どうもこいつ、普通のロック画面ではWiFiやGPSをオンオフする画面を開けてしまうらしい。
 自分はデジカメや携帯と一緒にこいつも腰のポーチに入れてたんで知らない間に勝手にGPSをオフにした?
 ……よくわからんがそんなに離れてなければGPSログを繋ぎ合わせられるんで再度オンにして先を進む。

 …………。

 後はまぁ、急な登りをず~っと上り続けるだけなんで特に書くこともない。
 ああ、途中の鏡石ってとこで疲れ果てて休憩してたんだが、そこでまたGPS測定が切れてた模様。今後は何か対策をしないといけない。
 んでまぁ、ラストは木組の階段をえっちらと登りつめ、ようやく大門へ。
e0270645_1724778.jpg

e0270645_1725713.jpg

e0270645_173834.jpg

e0270645_1733917.jpg

 で、途中道に迷って、というかゴールの根本大塔とやらがどこにあるのかわからん。
 しんどいし、なにより暑いんで途中の茶屋に入って抹茶ソフトを買い、そこにある観光地図でようやく場所が判明。
 多少苦労はしたが、ようやく塔を見つけてゴール。
e0270645_1745842.jpg

 ここで10分ほど休憩し、パンフレットを見て帰りのルートを考える。
 時間がないんで「高野三山・女人堂コース」は当然、取りやめ。
 しかし女人堂からバスに乗って更にロープウェイに乗るのもアレなんで、とりあえず女人堂バス停から極楽寺駅までは歩いていこう。
 と、いうことでまたしばし道に迷うが隠れ道を抜けて女人堂バス停から極楽寺駅まで行くつく。
 降り道なんで途中、小走りしたりしたが。
 後、小走りのせいか最後の方で小石を踏んで左足首をくじいてしまう。そんな酷くはないのでそのまま歩いたが。
 そしてやっとこ駅が!
e0270645_17113859.jpg

 後、不動坂の看板があったんでついでに。
e0270645_17121558.jpg


 そして転げるように駅構内に入り、自販機に飛びついてお茶を買って電車を待つ。
 その間に天空とこうやをパシャリ。
e0270645_17131966.jpg

 しばし休憩しつつ電車が来るのを待ち、さっそく乗り込むがお茶は早々に飲んでしまったので追加で2本買い、トイレに行ってまた電車に戻って休憩。
 後はダラダラと行く電車に乗りつつネットを見たり昼飯用に買ったおにぎり食ったりしながら、これから行くお客の最寄駅まで更に休憩。
 汗がビショビショで気持ち悪いが、さりとて帰る訳にもいかず。

 …………。

 ということで1時間半ほど電車に乗り、そこから更に客先で1時間ほど作業をして自宅に引き返す。
 いやしかし、内股がスレスレで擦り切れそうなのはどうにかならんもんか。てか、やっぱ長時間歩くのに普通のズボンじゃあ無理があるんだろうな。上着も普通のシャツでお客さんに「ホンマにその格好で山登ったんですか?」とか言われるし。
 まぁ、だいたいこんな格好です。山登りの服なんて持ってないし。上が半そでだと日焼けでヒドいことになるし。
 後は、家に戻って風呂で水浴びて晩飯にざるそば食っておしまい。

 いや~、しかし客先に行くからってんで途中で切り上げなくても「高野三山・女人堂コース」を丸々通って帰るのは無理っぽかったろうなぁ。大門に着いた時点で足クタクタだったし。
 まぁ、せっかくなんで次に来る時は女人堂コースから高野三山コースで引き上げかな?

 ということで、GPSログ。今回は途中で切れてるのを無理矢理繋げてみた。
[PR]
# by atumomo | 2013-08-10 18:10 | 山歩き
 今回の目的地は高野山。
 ということで今は南海電車の始発に乗って天下茶屋に向かう途中である。
 9月末の村岡44kmに向けてのお試しを何回かやってるんだが。
 第1弾が事務所~和泉府中の約26km。
 第2弾が08/03(土)の自宅~粉河寺。約50km。
 そして第3弾がこの高野山。
 行く道としては南海電車のパンフレットにあるように九度山駅からの「高野山町石道コース」ってのと、体力と時間に余裕があれば「高野三山・女人堂コース」を行く予定。
 女人堂コースは最後が極楽橋駅になってるので引き上げるには丁度いい感じ。まぁ、途中で切り上げるにしてもこのコースで帰らざるを得ないんだが。真面目に疲れ果ててバスで引き上げない限りは。
 なお、行きの九度山駅~根本大塔の途中に丹生都比売神社ってのがあるんで一旦コースを外れてそっちに立ち寄る予定。
 ……ってな感じか。
 ちなみに今回、高野山に行くことにしたのは先週の粉河寺行きをブログにアップしたのを見た逸本さんから「いっぺん高野山に行ってこいや。九度山からのルートは結構おもろいぞ」と言われたことによる。
 まぁ、高野山に行くこともそうそう無いし、村岡のコースはアップダウンが激しいんで登りも慣れといた方がいいか……。
 ってのと、高野山のパンフレットを見た際にコースからはやや外れるが丹生都比売神社に行けることが判ったため。
 もしこの神社から高野山に行けるんなら自宅から和泉葛城山を越えてJR名手駅辺りに降りてちょっと電車に乗って丹生都比売神社経由で高野山に行けるだろうから。
 てなことでもうじき天下茶屋なんで一旦終わる。

 その後、天下茶屋から高野線の急行に乗って九度山へと向かう。
 当初、橋本から国道を通って九度山まで行こうか? とか思ってたが、帰る時間があるかどうか不明だったんで止めることとした。
 で、九度山駅に着いたんでF-11DのGPSをONにしてトイレ行ったり駅近くの看板を眺めたりしつつ電波を掴むのを確認してからスタート。
 歴史街道とかいうのを貼った電柱を横目にしばし行くと看板が。
e0270645_15574510.jpg

e0270645_15573792.jpg

 対面石。弘法大師って槙尾山に由来があるのか。そういや、松尾寺に行った時もそんなような事が書いてあったような。
 そして更に道を進むと、パンフレット通り慈尊院ってのにたどり着く。せっかくなんで写真を撮って中に。
e0270645_161144.jpg

 中に塔がある。
e0270645_1613251.jpg

 塔の向こうに石段と鳥居が。
e0270645_1614484.jpg

 丹生官省符神社。せっかくなんで先にこっちに。
e0270645_162353.jpg

 石段を見上げる。
e0270645_1644193.jpg

 途中の看板。
e0270645_1651996.jpg

e0270645_1654583.jpg

 石段を登りきった。
e0270645_1661841.jpg

 中に進む。
e0270645_1664633.jpg

e0270645_167867.jpg

 引き上げる。しかし、この「高野山町石道コース」はここの神社の向こうの道を行くってのに気付いたのは、1時間以上、後であった。
e0270645_1685577.jpg

e0270645_1691338.jpg


 そして慈尊院の本堂。
e0270645_1610329.jpg

 そしてここを抜けて(自分が正しいと思ってる)元の道を行く。
 しばし歩くと左に道が見え、古ぼけた木の標識に勝利寺、とある。パンフレットを見るとその名前もあるんで寄って行く事に。
 ……しばし歩き、駐車場の右手にある石段を登っていく。
e0270645_16135017.jpg

e0270645_16141494.jpg

e0270645_16141574.jpg

e0270645_16143169.jpg

 そして引き上げ。
e0270645_16152251.jpg

 この道をまっすぐ行くと展望台があるらしいんだが、あんまり寄り道するものなぁ、ということで元の道に戻って先を進むことにした。
 ただしこれも実際はここをまっすぐ行けば正しいルートに戻れた模様。
 そこからは柿を植えた里山の中をしばらく歩く。向こう側の写真を撮るが、煙ってて景色はよくない。
e0270645_1618317.jpg

e0270645_16183956.jpg

 途中、柿に水を撒いているスプリンクラーからの水を頭に浴び少しだけ涼しさを感じながらも道を行くんだが、どうにもそれらしい感じがしない。

 もしかして、道を間違えた?

 と思い、地図をつらつら眺める。
 ……もしかしてこれ、神社の向こうに道があってそこを行くんか?
 とはいえ、あの寺からもう30分以上も歩いてるしここから引き返すのもアレなんでとりあえず行けるとこまで行くか。 
 ということで更に里山を登り続けると……。
「展望台」とかいう看板が見える。どうやら正式なルートに合流したっぽい。
e0270645_1623750.jpg

 その展望台でしばし休憩し、写真も撮るがやはり景色はよくない。
e0270645_16241026.jpg

e0270645_16242447.jpg

 こりゃ今日の景色はあんま期待しない方がよさそうだ。
 ちなみに休憩所には先に休んでる人が1人いた。自分みたいなヤツもたまにはいるんだなぁ。ということで軽く挨拶して先を行く。
 で、こういう道をしばし行く。
e0270645_16263175.jpg

 この手の坂道にゼェハァ言ってるうちにさっきの展望台にいた人が追い着いてきたんで素直に先へ行ってもらう。
 そしてやっと開けた場所に出る。六本杉。ここから一旦、正規ルートから外れて丹生都比売神社に向かうことになる。
e0270645_16303399.jpg

e0270645_16305171.jpg


 と、その前に携帯を見ると、何故か通話記録が。
 ……ぅわ、客先からだわ。
 ということでとりあえず連絡を入れて話を聞くとどうも現場に行かないとダメっぽい。
 とりあえず簡単な調査を依頼して電話を切る。もちろん自分が今、高野山にいることは話した。
 しばしどうするか考えるが、ここから来た道を引き返すのはあまりにもあまりなのでとりあえず高野山まで行くのは許してもらおう。夕方5時辺りがリミットらしいし。
 ということで、丹生都比売神社へ向かう道をそそくさと降りていく。

 降りきった。割かし急な降りだったんでやや早足ではあったが。
e0270645_16345326.jpg

 辺りの景色ものんきな感じ。
e0270645_1637063.jpg

e0270645_16361758.jpg

e0270645_16383888.jpg


 肝心の神社にはまだ着いていないが、容量が怪しい気がするのでひとまずここまで。
[PR]
# by atumomo | 2013-08-10 18:00 | 山歩き