適当に歩いたりしたら日記


by atumomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

高野山へ 九度山~根本大塔 前半

 今回の目的地は高野山。
 ということで今は南海電車の始発に乗って天下茶屋に向かう途中である。
 9月末の村岡44kmに向けてのお試しを何回かやってるんだが。
 第1弾が事務所~和泉府中の約26km。
 第2弾が08/03(土)の自宅~粉河寺。約50km。
 そして第3弾がこの高野山。
 行く道としては南海電車のパンフレットにあるように九度山駅からの「高野山町石道コース」ってのと、体力と時間に余裕があれば「高野三山・女人堂コース」を行く予定。
 女人堂コースは最後が極楽橋駅になってるので引き上げるには丁度いい感じ。まぁ、途中で切り上げるにしてもこのコースで帰らざるを得ないんだが。真面目に疲れ果ててバスで引き上げない限りは。
 なお、行きの九度山駅~根本大塔の途中に丹生都比売神社ってのがあるんで一旦コースを外れてそっちに立ち寄る予定。
 ……ってな感じか。
 ちなみに今回、高野山に行くことにしたのは先週の粉河寺行きをブログにアップしたのを見た逸本さんから「いっぺん高野山に行ってこいや。九度山からのルートは結構おもろいぞ」と言われたことによる。
 まぁ、高野山に行くこともそうそう無いし、村岡のコースはアップダウンが激しいんで登りも慣れといた方がいいか……。
 ってのと、高野山のパンフレットを見た際にコースからはやや外れるが丹生都比売神社に行けることが判ったため。
 もしこの神社から高野山に行けるんなら自宅から和泉葛城山を越えてJR名手駅辺りに降りてちょっと電車に乗って丹生都比売神社経由で高野山に行けるだろうから。
 てなことでもうじき天下茶屋なんで一旦終わる。

 その後、天下茶屋から高野線の急行に乗って九度山へと向かう。
 当初、橋本から国道を通って九度山まで行こうか? とか思ってたが、帰る時間があるかどうか不明だったんで止めることとした。
 で、九度山駅に着いたんでF-11DのGPSをONにしてトイレ行ったり駅近くの看板を眺めたりしつつ電波を掴むのを確認してからスタート。
 歴史街道とかいうのを貼った電柱を横目にしばし行くと看板が。
e0270645_15574510.jpg

e0270645_15573792.jpg

 対面石。弘法大師って槙尾山に由来があるのか。そういや、松尾寺に行った時もそんなような事が書いてあったような。
 そして更に道を進むと、パンフレット通り慈尊院ってのにたどり着く。せっかくなんで写真を撮って中に。
e0270645_161144.jpg

 中に塔がある。
e0270645_1613251.jpg

 塔の向こうに石段と鳥居が。
e0270645_1614484.jpg

 丹生官省符神社。せっかくなんで先にこっちに。
e0270645_162353.jpg

 石段を見上げる。
e0270645_1644193.jpg

 途中の看板。
e0270645_1651996.jpg

e0270645_1654583.jpg

 石段を登りきった。
e0270645_1661841.jpg

 中に進む。
e0270645_1664633.jpg

e0270645_167867.jpg

 引き上げる。しかし、この「高野山町石道コース」はここの神社の向こうの道を行くってのに気付いたのは、1時間以上、後であった。
e0270645_1685577.jpg

e0270645_1691338.jpg


 そして慈尊院の本堂。
e0270645_1610329.jpg

 そしてここを抜けて(自分が正しいと思ってる)元の道を行く。
 しばし歩くと左に道が見え、古ぼけた木の標識に勝利寺、とある。パンフレットを見るとその名前もあるんで寄って行く事に。
 ……しばし歩き、駐車場の右手にある石段を登っていく。
e0270645_16135017.jpg

e0270645_16141494.jpg

e0270645_16141574.jpg

e0270645_16143169.jpg

 そして引き上げ。
e0270645_16152251.jpg

 この道をまっすぐ行くと展望台があるらしいんだが、あんまり寄り道するものなぁ、ということで元の道に戻って先を進むことにした。
 ただしこれも実際はここをまっすぐ行けば正しいルートに戻れた模様。
 そこからは柿を植えた里山の中をしばらく歩く。向こう側の写真を撮るが、煙ってて景色はよくない。
e0270645_1618317.jpg

e0270645_16183956.jpg

 途中、柿に水を撒いているスプリンクラーからの水を頭に浴び少しだけ涼しさを感じながらも道を行くんだが、どうにもそれらしい感じがしない。

 もしかして、道を間違えた?

 と思い、地図をつらつら眺める。
 ……もしかしてこれ、神社の向こうに道があってそこを行くんか?
 とはいえ、あの寺からもう30分以上も歩いてるしここから引き返すのもアレなんでとりあえず行けるとこまで行くか。 
 ということで更に里山を登り続けると……。
「展望台」とかいう看板が見える。どうやら正式なルートに合流したっぽい。
e0270645_1623750.jpg

 その展望台でしばし休憩し、写真も撮るがやはり景色はよくない。
e0270645_16241026.jpg

e0270645_16242447.jpg

 こりゃ今日の景色はあんま期待しない方がよさそうだ。
 ちなみに休憩所には先に休んでる人が1人いた。自分みたいなヤツもたまにはいるんだなぁ。ということで軽く挨拶して先を行く。
 で、こういう道をしばし行く。
e0270645_16263175.jpg

 この手の坂道にゼェハァ言ってるうちにさっきの展望台にいた人が追い着いてきたんで素直に先へ行ってもらう。
 そしてやっと開けた場所に出る。六本杉。ここから一旦、正規ルートから外れて丹生都比売神社に向かうことになる。
e0270645_16303399.jpg

e0270645_16305171.jpg


 と、その前に携帯を見ると、何故か通話記録が。
 ……ぅわ、客先からだわ。
 ということでとりあえず連絡を入れて話を聞くとどうも現場に行かないとダメっぽい。
 とりあえず簡単な調査を依頼して電話を切る。もちろん自分が今、高野山にいることは話した。
 しばしどうするか考えるが、ここから来た道を引き返すのはあまりにもあまりなのでとりあえず高野山まで行くのは許してもらおう。夕方5時辺りがリミットらしいし。
 ということで、丹生都比売神社へ向かう道をそそくさと降りていく。

 降りきった。割かし急な降りだったんでやや早足ではあったが。
e0270645_16345326.jpg

 辺りの景色ものんきな感じ。
e0270645_1637063.jpg

e0270645_16361758.jpg

e0270645_16383888.jpg


 肝心の神社にはまだ着いていないが、容量が怪しい気がするのでひとまずここまで。
[PR]
by atumomo | 2013-08-10 18:00 | 山歩き